海外

単語が覚えられない人必見!英単語の覚え方

「英単語を覚えたいけど、すぐ忘れてしまう!」「着実に英単語を覚えていきたい!」そんな方に向けて、”忘れっぽい人でも着実に英単語を覚えられる方法”を紹介していきます\( ˆoˆ )/

私は、英語に興味を持ち勉強し始めて早5年になります。普段から忘れっぽい性格で、これまで英単語を覚えることに苦労してきました。しかし英検準1級合格に向けて勉強をしてきたなかで、ベストな英単語を覚える方法を見つけたので紹介しますね。

これまで英単語がなかなか覚えられなくて苦しい思いをした人は、ぜひ試してみてください!

《忘れっぽくて英単語が覚えられない人向け》英単語の覚え方

この記事はこんな人におすすめ

・着実にしっかりと英単語を覚えたい、その方法を知りたい
・スキマ時間を使って英単語を覚えたい
・英検やTOEIC受験のため、英単語を覚えたい
・英語のボキャブラリーを増やしたい!

どんなに記憶力がいい人でも、新しく覚えたことを使わなければすぐに忘れてしまうのが人間です。この記事では、忘れっぽい人でも”着実に英単語を覚えることができる方法”をご紹介します。着実に力をつけていくからには、どうしても時間が必要なので、「1ヶ月で覚えたい!」といったような、短期間で力をつけたい人には向いていないかもしれません(´・ω・`)

空き時間と寝る前の30分を使った英単語の覚え方とは

これから紹介していく英単語を覚える方法は、日中の空き時間と寝る前の30分を使った暗記法です。これまで英単語を覚えるのが苦手だった私ですが、ようやくこの方法を見つけて効率的にそして着実に英単語を覚えることができるようになりました!

次の章から説明していきますが、表や文で説明するのが難しく(私のライティング不足。スミマセン!)少し難しく感じられるかもしれません。ただやり始めると簡単で効果があるので、ぜひ最後まで見てみてくださいね!

着実に覚えられる英単語の覚える方法

3つの方法で英単語を覚える

それでは早速、着実に英単語を覚える方法をご紹介していきます。結論からいうと、この表のような勉強をしていくことになります。

順番は時系列で(1)から行なっていき、所要時間はそれぞれどのくらい所要するかです。パッとすぐに理解することは難しいと思うので、1つずつ説明していきますね。やり始めると簡単なので、ぜひ最後までついてきてください!

使うアイテムは3つだけ

まずは使うアイテムから紹介していきます。

英単語帳

英単語帳は、自分の用途によって何を使うか選んでくださいね。ちなみに私は、英検準1級を受けるために勉強しているので、キクタンを使っていますよ。

キクタン

Anki

パソコン・スマホで使える暗記アプリです。とても便利なので英単語を覚えたい人は、早速使ってみることをおすすめします!スマホに関しては、iPhoneは有料でアンドロイドは無料で使えるのだとか。なので私はパソコンで使っていますよ!

Ankiの公式HP(ダウンロードはこちらから)

ノート

家にあるものでOKです。A4サイズ以上あると使いやすいかもしれません。

詳しく英単語の覚え方を説明

(1)英単語帳を1週する

2ヶ月かけて英単語帳を丸々暗記します。暗記といっても、1回で完璧に覚えるのは諦めてください!このときのコツは”この単語にはこういう意味があるのか〜くらいで眺めながら見ていくこと”です。
例えばキクタンならCHAPTER1からCHAPTER10まであります。1週間に1〜2チャプター進める速さを目安にやるといいと思います。

(2)英単語帳を見る&Ankiに覚えられなかった単語帳を登録

ここから本格的に単語を頭の中に叩き込んでいきますよ!
(1)で英単語帳をパラパラめくって眺めたと思いますが、この1週間でCHAPTER4を覚えることを目標に単語帳と向き合いましょう!英単語帳があればどこででもできるので、通勤途中がおすすめです。
それと同時にAnkiを使っていきます。(1)で覚えきれなかった単語がたくさんあると思いますが、CHAPTER1〜3の中で覚えきれなかった単語をAnkiに登録します。こんな感じで、CHAPTER1〜3のDeckを作って登録すると、後々復習しやすいです。

Ankiは寝る前の時間20分を使ってやると◎です。ランダムでまんべんなく単語を出してくれるのでとても便利なんですよね。

(3)英単語帳&Ankiを使う&ノート

(1)英単語帳を見る(2)Ankiを使う の2つの方法で覚えきれなかった単語をノートに書いて覚えていきます。
例えば上の(2)の週では、英単語帳(新しいCHAP4を覚える)とAnki(覚えられなかったCHAP1〜3)を使って学習しましたよね。この週では、Ankiでも覚えきれなかったCHAP1〜3の単語をノートに書くんです!

やってみると分かると思いますが、Ankiでフラッシュカード形式で問題を出されても、覚えられない単語は覚えられない…。なので、最後はノートに書いて覚えましょう!自分の手で書くと、意外にスッと頭に入るんですよね。

(4)(2)&(3)の繰り返し

次の週は(2)と(3)の繰り返しになります。下記は、表を元に作った例です。

英単語・・・(先週)CHAP5→(今週)CHAP6
Anki  ・・・(先週)CHAP4→(今週)CHAP5
ノート・・・(先週)CHAP1〜3→(今週)CHAP4

表にも書きましたが、Ankiは20分・ノートは10分で復習できるので、英単語を覚えるために30分だけ確保してやってみてくださいね。

この英単語の覚え方のメリット・デメリットとは?

メリット

・英単語を着実に覚えて、自分の力にできる
・新しい英単語を覚えることで、長文読解ができるようになる

デメリット

・英単語を見て覚えるが主なので、英単語の発音やライティングの力がつきづらい
→時間に余裕があれば英単語を覚える+発音やライティングにも意識して勉強するといいと思います。
・英単語を覚えるために、ある程度の期間が必要(短期型ではない)

覚えるためのコツ

コツは”完璧を求めないこと”です。特にファーストステップの英単語帳を1周するときと、Ankiを使って英単語を覚えるときに神経質になりすぎる必要はないです。

冒頭でも言いましたが、どんなに記憶力がいい人でも使わなければ忘れます。「自分は忘れっぽいから…。」とネガティブになるのではなく、毎日やっていくと必ず覚えますから「気長にやろう」と思うくらいがちょうどいいかもしれません!

英単語は気負わずに、地道にコツコツとやっていきましょう。一緒に頑張りましょう\( ˆoˆ )/最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です