コラム

オーガニック化粧品の基準って?安心して本物を選べるようになりそう

“本物”のオーガニックとは?今までは見極めがむずかしかった

デパートやドラックストアに行けば、”オーガニック”を売りにした化粧品がたくさんありますよね。わたしは、オーガニックについて知見があるわけではなく「オーガニック!人にも環境にも良さそう!」というノリで、化粧品を購入していました。お恥ずかしい…。

そんなことは置いておいて、オーガニックって結局なにが基準になっているの?というはなしなんですが、世界では、ドイツはBDIH・フランスではCOSMEBIOなど、それぞれの国でオーガニックの基準はあります。

日本では基準が定まっていないのが現状。極端にいうと、原料の一部に自然成分をチョチョッと入れただけで、オーガニックコスメといわれているアイテムもあります。

”リアルオーガニック・ナチュラル”マークを採用

出典:https://nl-bs.jp/

ここからが本題なのですが、日本でもオーガニックの基準が定まりそうなのです…!

オーガニック・ナチュラルコスメプロデューサー兼ナチュラルコスメメイクアップアーティストである小松和子さんが、オーガニック認定マークである”リアルオーガニック・ナチュラル”マークの普及をはじめました。

小松さんは、小売店と連携を取りながら売り場を改革していくようです。実際に、東急ハンズ銀座店では、売り場の中央に”リアルオーガニック・ナチュラル”マークと、その基準を満たすコスメを並べて、どういう変化がでるか様子をみるという実験をしたみたいです。

ちなみにオーガニックの基準はこちら。具体的でわかりやすい…。

出典:https://nl-bs.jp/

オーガニックの基準ができた。本物が選びやすくなる

実験的に東急ハンズ銀座店で行われているように、売り場でオーガニック基準のマークとオーガニックコスメをひとくくりにしてあると、単純に分かりやすいですよね。そうすることで、わたしのような”オーガニック=良いものだー!”と勘違いしている人も、安心して本物のオーガニックアイテムを手に入れられそうな気がする。一定の基準があると、「実はこれ、オーガニックもどきだったんだ…!」なんて、びっくり仰天することもなくなりそうですね。

これからの小売店の売り場の変化が楽しみです。

【サスティナブルファッションとは】条件・ブランド・できること最近よく耳にする「サスティナブルファッション」について、どのくらいご存知ですか?今回は、サスティナブルファッションとは何か・サスティナブルファッションの条件・おすすめブランド9選・私たちができるサスティナブル活動について徹底解説します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です