ビューティー

【一重メイク】一重に似合うピンクアイシャドウ&塗り方を紹介

「一重はピンクのアイシャドウを使うと、腫れぼったくなる」「一重はピンクが似合わない」そんなフレーズをメディアや雑誌で目にしたことがある人は、少なくはないのでは…?

でも実際は、ピンクアイシャドウの色と塗り方次第で、かわいい一重メイクが完成します!

今回は、一重の私が、ピンクのアイシャドウを使ってメイクするときの注意点や、実際に私が使っているおすすめのピンクアイシャドウ、そしてアイシャドウの塗り方をご紹介します。

ピンクアイシャドウで一重メイクするときのポイント

一重さんが、ピンクのアイシャドウを使ってメイクするときに、おさえておきたいポイントは2つ!

ピンクカラーはメインではなく補助的に使うことと、ゴールドやラメ感のあるアイシャドウと一緒に使うことです。

ピンクはメインではなく補助的に使う

ピンクのアイシャドウを、まぶた全体に塗ったり、アイホールに塗ったりすると、顔がのっぺりと見えてしまうことがあります。

全体的にメインのカラーを載せたあとに、サブのカラーとしてピンクを使ったり、ポイント使いしたりすることがおすすめです!

ゴールドやラメ感のあるアイシャドウを一緒に使う

ナチュラルな雰囲気で、仕事や学校でも浮かない一重メイクをしたいときは、上品なゴールドカラーや、細かいラメ感のあるベースカラーを一緒に使うのがおすすめ。

そうすることで、上品で華やかな印象に仕上げることができます。

今回の一重メイクに使うピンクアイシャドウはこれ

ポイントをおさえた上で、一重さんにおすすめのピンクアイシャドウは「RMK(アールエムケー)」の「RMK カラーパフォーマンスアイズ 04 ボルドー」です。

ワインレッド寄りの深みのあるピンクカラーで、重ね塗りの回数によって、淡いピンク〜ワインレッドまで、カラーを楽しむことができます。

また、セットになっているコーラルとゴールドは、細かいラメが入っていて、目元をキラキラと輝かせてくれるのも魅力。光に当たったときの目元は本当にきれい…!後半に貼っている動画をチェックしてみてくださいね。

【塗り方】ピンクアイシャドウを使った一重メイク

ここでは、「RMK カラーパフォーマンスアイズ 04 ボルドー」を使った一重メイクを解説します。「①コーラル」「②ピンク」「③ゴールド」の番号で説明していきますね!

STEP1. ベースを作る

1. まぶた全体に①を塗る

①コーラルを、まぶた全体に塗ります。このアイシャドウのコーラルは思ったより薄付きで、「ちゃんと塗れてるかな…?」と思うかもしれませんが大丈夫!肌に馴染んでくれて、これから塗っていくゴールドとピンクを際立たせてくれます。

2. アイホールに③を塗る

アイホール(眼球と骨のくぼみを感じるところ)に、③ゴールドを塗ります。ゴールドを塗ることで、目元が立体的に仕上がります。

STEP2. ピンクを使う&アイライナーを引く

3. 目のキワに②を塗る

②ピンクを目のキワに太く塗ります。黒目の上あたりから、目尻に塗るのがコツ!そうすることで、ピンクが主張しすぎることなく、目にしっかりと馴染んでくれます。また目を伏せたときのグラデーションがきれいです。

4. アイラインを引く

ピンクのアイシャドウを塗り終えたら、次はアイライナーを引きます。今回は、新鮮さのあるカーキをチョイス。

STEP3. くるんとカールしたまつ毛を作る

5. まつ毛を上げて、下地をつける

ビューラーでまつ毛をあげたあとに、まつ毛下地をつけます。一重さんは、まつ毛が下がってきやすい傾向にあるので、カールをキープするためにマスカラ下地を使うのがおすすめです。

6. マスカラを塗る

仕上げにマスカラを塗ったら、一重さんのアイメイクは完成!また、下まぶたの三角ゾーンに③ゴールドを塗ると、より華やかに仕上がります。

【動画】ピンクアイシャドウのラメ感

RMK カラーパフォーマンスアイズ 04 ボルドー」のラメ感はこんな感じ。光に当たったときや、まばたきしたときにキラキラ輝いてくれます。派手な感じがなく、上品で落ち着いた印象です。

【アイテム一覧】今回の一重ピンクメイクに使った商品

一重ピンクメイクに使ったアイテムを一覧にします。気になるアイテムがあったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

RMK カラーパフォーマンスアイズ 04 ボルドー

深みのあるピンク色が上品で、細かいラメが華やかなコーラルとゴールドがセットになっているアイシャドウ。クリーミーなテクスチャで、ラメが飛ばず、しっかりまぶたに密着してくれます。ピンクメイクだけではなく、ゴールドとコーラルだけ使ったメイクも楽しめます。

KATE ラッシュマキシマイザーN

カールをキープしたいなら「KATE(ケイト)」の「ラッシュマキシマイザーN」。カールを維持してくれるだけではなく、黒い繊維入りで、マスカラを塗ったときに、より太さ・長さを出しやすくしてくれます。

メイベリン ボリューム エクスプレス マグナム ビッグショット

イギリスで購入したマスカラ。ボリュームは出ますが、マスカラ下地をしないと、すぐに下がってしまう印象です。お湯で落ちるので、まつ毛に負担をかけたくない人や、とりあえずボリューム感を出したい人に向いているかもしれません。

UZU アイオープニングライナー KHAKI

落ち着いたカーキ色のアイライナー。「ブラック・ブラウン以外のアイライナーを使いたいけど、個性的になりすぎたくない」というときにおすすめしたいアイライナーです!一見ブラックのような、さりげないカーキなので、幅広いカラーのアイシャドウに合います。

エクセル

プチプラで人気のアイブロウといえば「excel(エクセル)」ではないでしょうか?ペンシル・パウダー・ブラシがついているので、簡単に立体的な眉毛を作ることができます!そのなかでも、PD05は、一番暗めのカラー。ダークブラウン系の眉を作りたい方や、暗めの髪色の方におすすめです。

まとめ

ピンクの色と塗り方次第で、かわいい一重ピンクメイクが完成します。ピンクのアイシャドウを使ったメイクに挑戦したいときや、普段とは違うメイクをしたいときに、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事:5分でできる「一重のアイメイク」切れ長・小粒さんOK!
関連記事:一重さん必見!おすすめのアイシャドウ8選【単色もあり】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です