コラム

「なんだか自分が好きになったかも!」容姿を受け入れる3つのコツ

「鏡に映る自分をみるたびに落ち込む」「自分の容姿を好きになれない」「人と比べてばかり」

そんなふうに思ってしまう方々に向けて、なぜ自分の容姿を受け入れることができないのか、そしてありのままの自分を好きになるコツ3つをご紹介します。

受け入れることができない理由を知ると、意外と気持ちが楽になるかもしれません。

自分の容姿を受け入れられない理由を知る


自分の容姿を好きになれない理由は、いろいろあると思います。ここでは、代表的なもの3つを挙げていきます。

インターネットで溢れる加工済みの写真

自分の容姿を受け入れることができない理由1つ目は、毎日見ることが多いSNSを含むインターネット上には、加工済みの写真であふれているということ。

インスタグラムでフォローしている人を見ていると、「みんなかわいいなぁ」「目が大きくていいなぁ」なんて思うこともあるはず。でも、みんな加工しています!

ナチュラルビューティーに見えても、実は加工していて、スムースな肌にしていた…なんてこともあります。

他人の容姿について言及しやすい傾向にある

自分の容姿を受け入れることができない理由2つ目は、日本は特に他人の容姿について発言しやすい風潮にあるということ。

友達や知り合いに会ったときに「なんか、太ったね!」と言われたことはないですか?日本にいると、結構こういうシチュエーションに遭遇することがありますが、海外だと完全にアウトらしいです。

このように、相手の容姿に対して言及してしまう人が多いため、自分の容姿を受け入れられなくなってしまう傾向にあります。

幼い頃や思春期の育った環境

自分の容姿を受け入れることができない理由3つ目は、小さい頃に「こうあるべきだ」という価値観を押しつけられたり、人と比べられたりした経験があること。

長い髪は似合わないから、切るべきだ。
お母さん綺麗なのに、全然似てないね。

そんな風に言われたことがあったり、自分の容姿についてかわいいと言われずに育った人もいるのではないでしょうか。

自分の容姿を受け入れる3つのコツ


今、自分の容姿に自信が持てなくても大丈夫。誰でも、少しずつ見た目を好きになれます。ここでは、今すぐトライできる「自分の容姿を受け入れるコツ」を紹介します。

SNSでの見方を変える

SNSが普及する今、一番大事なのはこれだと思います。

インスタグラムに投稿する写真は、加工してあるものがほとんどです!誰でもよく見せたいから、加工はしますよね。

それが良いとか悪いとかではなく、「(加工しているから)こんなに綺麗なんだ」という捉え方をした方がいいということ。

ただ単に「綺麗、かわいい」と思うのではなく、加工しているという事実を頭の片隅に置いておくようにしましょう

好きなパーツを見つける

「自分の顔がなかなか好きになれない…」そんな人は、自撮りにトライしてみて!

いろんな角度から、自分の顔を撮ってみましょう。そして、自分の容姿のなかで、好きなパーツを見つけてみてほしいです。

好きなパーツや、好きな写真の角度を見つけると、「自分ってかわいいかも」と思えて、自分自身を受け入れることができる第一歩です。

まずは加工アプリを使って自撮りをしてみるのもありだと思います!

いろんなメイクや服に挑戦

メイクやファッションは、あなたに自信をもたらしてくれます。

お気に入りのリップを塗ったときや、新しく買った服をきたときは、ウキウキしませんか?自分を輝かせてくれるメイクやファッションを研究してみるのもいいかもしれません。

今は、個性を活かすことができる時代!


ひと昔前は「ぱっちり二重がかわいい」という一本化した美人の定義があったと思います。しかし、今は個性をどんどん活かしていくことが良しとされる時代

自分自身が持っている個性を受け入れて、一度きりの自分の人生を楽しく生きましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です